長女が中学校から持ち帰ってきたファイルに書いてあった言葉が上の言葉。

ここのところ、分岐点にさしかかっている感が否めない。

つい最近、

私の大切なお友達家族が突然いなくなってしまった。

とあるハーブの事で今は警察のもとに。

法的に認められていないので、

何かしらの措置がなされているのだと思う。

法的に認められていないことをしたからと言って

その友人家族が人としてどうしようもない人だった。

という事は全くない。

むしろ素敵でユニーク。心優しく情熱的なご夫婦で、ご家族だった。

急に目の前からいなくなり、

私も子供たちも、宙ぶらりんな気持ちが少ししている。

その友人家族の小さくて可愛い男の子の

あったかくて柔らかい温もりが恋しい。

時々我が家で男の子を預かった。

お母さんお父さんに会いたくて寂しくなってきた時の泣き声や、その表情。

全て可愛いかったな。

また、満面の笑みを浮かべて、会おうね。

ご家族揃ってお正月を迎えられるといいな。

せめてお母さんと一緒に過ごせる様にね。

もうひと家族も突然いなくなってしまった。

お山で賢い犬と数人の子供たちとご主人と住んでいた。

ここのお母さんは(友人)肝のドッシリ座った母さん。

私はこの友人が大好き。

母になるべくして産まれたような人。全てを受け入れ抱擁できる能力の持ち主。

フリーダ.カーロ似の美しい人。

どんな場所でもドッシリと自分自身を貫ける強さがあるから、

彼女なら大丈夫だと思う。

何が大丈夫かって、それはlなにかは分からないのだけど、

とにかく大丈夫だと思う。

またこの地に戻ってきてくれたら嬉しい。

この小さな町には戻って来にくいかもしれないけれど、それでも

また一緒に山を歩きたい。

私は今日もここで2組の家族の帰りを待っている。

会いたいなあ。

また会えるね。

去年の秋の始まりの時。フリーダ.カーロ似の友人の山で。

また会えるね。