もう雪景色はイイので、

ちょっと暖かい季節に撮っておいた写真でも見てください(´∀`*)

除雪車が来てくれて、ホッと安心♡

でも、まだまだ降っています。

 

 

時々

 

 

親が、自然食や自然療法なんかに興味がある神経質な家庭の子供ほど

なんとか障がいと言うのになっている

 

 

と、仰る親切なお方がいらっしゃるけど、

 

そうじゃないです。

 

ウチはそうじゃないです。

 

子が産まれるまでは

今よりももっと

のんきな夫婦をしておりました。

 

私が、

心にも体にも効きそうな食事やら無添加製品やら自然療法やら

脳科学やら心理学やら

自然農やらシュタイナーやらなにやらかんやらに興味を持ったのは

子供たちが立て続けに、発達に特徴のある子として生まれてきたので、

 

コリャなんだ?なにが起きているんだろう?

 

と言う疑問が湧き

それで

あれこれ調べ始めたのがきっかけです。

 

あ、シュタイナーは若い頃から大好きでしたよ。

ただ、療育でシュタイナーが知られているとは

若い頃は知りませんでした。

シュタイナーの人智学が好きだったのです。

当時高校生でした。。。。

若かったナア(´∀`*)

 

なんて言ってる場所ではありませんが、

 

そのように仰ってくださる方

 

順番違います。

少なくともウチは、子供のお陰で自然な方に向かっていかれたんです。

 

神経質な親が、発達に問題アリ、

と捉えられる行動を取る子供に育ててしまう場合もあるかもしれませんが

 

 

子供が生まれてくれたおかげで

学ぶ機会を与えられたと思っています。

 

心の中で気がついていた不自然さに目を背けていましたが

改めて背けていたものに目を向けられるきっかけが、

このように生まれてきてくれた子供達でした。

 

優秀な方に多いのです。。。。

こう言うこと仰ってくださる方って(*´꒳`*)

 

お願いしますね。

 

 

それと、

書いた文章を読み直してみると

取り留めなく書いているので

読みにくく意味もない文章で

読んでくださっている方

読みにくいのに

根気よく読んでくださって

本当にありがとうございます。

感謝致します♡