運動会目前にして登校出来なくなった三女。

森に出かけました。

湿原の横を通り過ぎて山に入る。

キツツキが木に穴をあける音、

サルが何やら騒ぐ声。

セミがお名残惜しげに鳴いて

でも、風はすっかり冷たい。

 

一つ前の投稿のこと。

その施設を必要としている人がいる。

そう言う関係性を求めている人がいる。

ただそれだけのこと。

我が家がそこを選ばなければいい。

ただそれだけのこと。

あるのはただ

それだけのことをなのです。

 

愛の形はそれぞれ。

誰もが良かれと信じてる。

その形がどうであれ、

根底には思う氣持ちがあるんだね。