三女の最近の様子。

 

カレンダーに登校する日と学校をお休みする日を

自分で決めて書き込みました。

 

今のところ

自分で決めた予定の通り

登校出来ています。

 

カレンダーに登校する日と学校を休む日を書き込んだのは

なぜかと言うと、

視覚的に登校日数がはっきり分かると安心するから。

そして

週5日登校することで

私はどう感じているのか

体や心の変化はどうかをはっきり感じ取るため。

そして、

週5日の登校がきつかったとしたら、

週何日学校に行き、何日目に欠席することが

心身ともにベストな状態で登校出来るのか。

を、明確にして曖昧さを視覚的にも無くして行くため。

 

三女は、ゴールの見えないことに対して不安が強くなる傾向があります。

視覚化すると

何に対して不安になっているのかが

感じられるようです。

三女は、

週5日登校すると

耳と目が疲れ

5日目には

自分の頭の中が空っぽになって

一日中、学校で自分は一体何をしていたのだろう?

と思うと

本当に1日を無駄に過ごしてしまった気がしてしまう。

と言っていました。

 

もっと森や山に言って冷たい空気を吸ったり

森の匂いを嗅いでみたり、

のびのびしたところで過ごしたい。

とのこと。

 

5日、学校にいると

自分のしたいことができる時間が無くて

家に帰ると疲れて何もしたくなくなる。

だからもうちょい

自由な時間が欲しい。

と言う。

 

この方法、登校をスムーズにするための方法ではなくて

夢を叶える時にゴールを見失わないための練習です。

 

ゴールがブレて行かないように

視覚化するとゴールがブレにくく目標が達成しやすい。

 

三女は

自由な仕事をして生きていきたいと望んでいる人なので

ゴールをブレないようにする。

という練習は必要です。

 

三女には夢が沢山あって、書き切れないと言います。

 

それでいいんだ。

 

その場その時の状況に応じて臨機応変に、

夢は変化し

その時にふさわしい

夢を抱き叶えようとすることができる。

 

その柔軟性。

しなやかで強い。

 

この先はコレが

とても大切なんだと思います。