一昨日

ファッションブランドtenboさんのショーに

次女が再び混ぜて頂いた。

 

いつもいつも

ショーの時には

次は無い。

と言う気持ちで臨むように

次女には伝えており

毎回

一期一会の出会いとして

丁寧に在ろうねと話しています。

今回も同じ気持ち。

 

テンボ鶴田さんには

次女に貴重な機会を与えて下さること

深く感謝です…

 

このショーの目玉は

特攻服。

 

懐かしかった…

私が中学生の頃は

いっぱいいたなあ…

長い学ラン着たり

短すぎな学生服にボンタン?って言うのだっけ?

あのダボダボした学生服のズボン?

それで

ひさしみたいなパーマかかってる前髪の人たち😆

いわゆるヤンキーの皆様です。

 

それでいながら、

中学の校則を

中学生が若干自由で快適に学校生活送れるように

変えてくれたのも

彼らでした。

ひさしみたいなパーマかかってるその彼らが

当時、

中学校の生徒会役員やっていたから。。。

 

あ、オシャレに気を使うヤンキーの皆様は

若干

吉川晃司だった。

中には

売れ始めのチェッカーズ風と人も居たなあ…。

(あ、私は地味な目立たない人だったけど)

私の中学生活は

彼らのお陰で恐らく

同じ地域の他校より自由になったのだと思う。

 

あの方々の心意気を今一度思い出し

志しある

平和を望む大人たち。

今こそ反旗を翻そう。

 

と言ってもね

それは自分自信への挑戦って意味で。

この日本という国のなかでは

私自身の平和を

見つけることが、

平和への一番の近道。

自分自身のコップがたっぷり満たされたら

コップの中身は充ち満ちて溢れ出し

平和も幸せも

必ず周りに

伝播していくものだから。

写真:
Ellenote Photography

Photo by Ellenote Photography