昨日の朝の三日月と宵の明星

寒さ増すごとに星の煌めきが素晴らしい。

昨日の夕方

次女とおつきあいしている彼が

下校途中で我が家に寄って

学校に行かなくなった次女に会いに来たい

とのことで連絡をもらう。

私は仕事で留守なので

お留守番チームに(要するに学校に行かない人たち)

で家中のお片づけとお掃除をお願いした。

帰宅すると、

とても綺麗!!!

隅々まで、トイレまで🚽

しっかりとお掃除をしてあった。

長女は小学校の頃の課題として、

学校のロッカーと机の整理整頓が挙げられていた。

次女は物を捨てられないことが課題だった。

三女は

散らかるよりマシと思うのか、

とりあえずしまう。

そしてどこに入れたのかわからない。

お目当の物を探しているうちにまた散らかる。

長男は片付けに関して白旗を上げている。

普段は比較的散らかっていても気にしない人たち。

ウーワーー、

お客様のために

この兄弟の彼のために、

皆で分担してお掃除したそうで、

…出来るもんだわ!

お客様が来る前はいつも仕事前に

ある程度私が片付けていったけと、

もう、これなら安心して

仕事に行かれる。

苦手は得意な人がやればよく、

綺麗かどうかのチェックは

比較的神経質な次女と長女にお願いして、

磨きたりないところは

やり直してもらい。

チームワークも

時々上手くいくもんだ😊

それで

整理整頓やお片づけの類が苦手だった人たちが

何故このようになったのか?

それは、

お客様がいらっしゃる時を限定に

私がキーキー言いながら

必死で掃除と片付けを行う姿を見て


お客様がいらっしゃるときは、

こうするもんだ。

と、習慣と経験で覚えたのだと思う。

子供達が小さかった頃の大変な時期は

いつの間にか終わりを迎えており、

子供達も

年齢を重ねるほどに落ち着き

周りのことが見えるようになってくる。


そこに、療育という言葉は存在しない。

しかし

いつ何時急な

お客様が訪ねてきても大丈夫という

快適な状態を保てば良いだけの話ですが🤣