私はちょっと変わった家庭で大きくなりました。

その事で、二十歳位までは長らく両親を快く思っていませんでした。

子供の頃、私は今で言う発達障害的な要素のある一風変わった子供でした。

そんな自分になってしまったのは、両親のせいだと思っていました。

父は短気で、少しでも気に入らないことがあると、すぐ身近にある物を投げつけ物を壊し、

大声で怒鳴るので、母は、父の顔色を伺ってばかりで、子供の私は置き去りでした。

父を怒らせない良い子。と言う姿をずっと強要され、自分の気持ちを大切に生きる。

という態度は両親の気に触るので、自分の気持ち、と言うものが分からない人になりました。

両親は夫婦仲が悪いのですが、体裁とお金だけでかろうじて家族という形ばかりの物が存在していました。

なので中学に上がる頃には、お金、と言うのもを毛嫌いし、体裁ばかり作ろう親を見て、社会と言うものを

軽蔑さえしていました。

…とはいえ、結局学生時代の授業料、入学金、生活費、など出してもらってばかりだった、ダメ娘でした~_~;

ある時、自分の中にある歪みに気がついて、自分の人生が辛いのは父のせいだと言ってばかりいた母を見ると

こんな風に人を恨んでばかりの人生は嫌だなつくづくおもうようになりました。

母だって、父のお金で結構自由にやってこられました。

夫婦仲が悪いと、そんな事は忘れてしまうものですね。

いつも、父のせいだと言ってばかり。そう母の言うその通りかもしれません。でも嫌なら離婚する手もあったのに。

母はお金が惜しくて世間体が恥ずかしくて離婚しませんでした。とても情けなかったです……仕方ないですね

私はそんな人生を歩みたく無い。

私が一風変わっているのも、両親のせいじゃ無い。

これは私の人生で、生まれたからには精一杯楽しく生きていきたいので、

いつまでも両親を責めて人のせいにすると言う楽チンな自己防衛方は選びたくない。

自分の責任において、自分の人生は自分の手で作り上げる。

…そう思ってはや20年。

最近やっと、上手くいきそうな気配です。

長かったな。

失敗を20年重ねて、人のせいにしない人生を送るためのデータ収集はしっかり出来たと思います。

さて、20年分の失敗体験データを元に、今回は結構上手く行きそう。

自分の人生が自分の手にもどってきた。ワクワクします。自分で自分の人生を思うようにできる。

こんなに楽しい事はありません。

…子育ても、こんなに楽しい事はありません。と思うので、私には結構楽しい事というのがあるんだな。

長女に一番伝えたいことです。

長女は自分の負けや失敗を極端に受け入れられないので、誰かのせいにしたがります。

いつか長女に伝わりますように。

降参した時の解放感とか気楽さ。

自分の現状を受け入れられた時の、安心感。

長女にいつか伝わりますように。