image

先日書いた『偏り』。

文末に格闘の始まりでした。と書きましたが

何で格闘したかと言いますと、

普通の赤ちゃん、普通の子どもの様になって欲しいという

親の身勝手な願いと、存分に個性を発揮したい子との

格闘です。。

これを書くのはホントは私、まだ辛いんだとつくづく思いました。

書き進まないのです。

もう受け入れていると思っていたのにね。

見つめ直すと、受け入れたのじゃなくて蓋しただけでした。

整理できていないので文章にならない。

しょうがないので箇条書きでお許し下さいね。

・2時間も泣き続ける赤ちゃん

・何をしても泣き止む気配がない

・人の多い場所では泣きっぱなし

・気圧の変化に敏感で、天気の変わり目は非常に不機嫌

・すべての音を聞いている

・微かな音にも目を覚ます。

・篭った空気が耐えられず常に新鮮な空気が無いと不穏が続く

・微かな温度差に敏感に反応する

・抱っこがイヤ。

・人の好き嫌いを一瞬で決めてしまう

・赤ちゃんの集団の予防接種などは耐えられず、泣き叫び泣きやまないので

いつも人数が減るまで別室で待機させられる

・立てない。たつ気配も無い

・焦点が定まらず目が泳いでいる感じ

・記憶力良すぎ。絵本はいちどに5、6回まとめて読むようにせがまれ読んだ後は内容丸暗記する

・言葉を覚えるとl覚えた言葉を使用して会話する時期が非常に早かった

 

これは赤ちゃんの頃の特徴です。

なんでかな、こんな書き方が精一杯です。

皆様はご自分のお子様に上記の様な事で思い当たる事ございませんか?

……今日はこれが精一杯です。