細々 こまごまとしたもの

中学部一年生のころ

次女が作ったミニチュアの一部が

5番目のオモチャの中から出てきました。

大きさ比べのために

お米粒一粒を添えてみました🌾

テーブル中央よりやや上のダニみたいなのは、

お米粒です。

どなたか、

欲しい方いらっしゃいますかーーー😊!

写真の他に

ピザ、ブルーベリータルトワンホール、

オニギリ、マグロ丼、三色団子、

食べかけに見せかけたサンドイッチ

などなどがあります!

でも、経年変化による劣化

というものには勝てませんので

品質の保証は全くできません^^

家の中が暖かいためなのか

もろくなっております、、、

脆くて目が取れてしまったり腕がとれていたり。

こうなると、

取っておくことも難しいかなぁ、、、

忘れていたものがせっかく出てきたことだし、

作品展でもしようかしら!

そのあと、さようならをしようかなぁ😊

今日、5番目娘のオモチャをお片付け中、

また新たな粘土を発見したので

次女に渡したところ、

目がキラリ。

なにかまた細々としたもののアイデアが💡💡

浮かんでしまったようです。

最近

私は視力がガタッと落ちたので

細々としたミニチュアが落ちたとしても

気がつかずに踏んじゃうかもしれない。

足元に注意ですね😊

昨日、細々としたその娘の学校の先生と、

夫が

お話ししてまいりました😊

担当の先生は

次女とは信頼関係が築けているとおもっていた。

と仰っていたそうです。

有難いことです。

先生ご自身の体験した次女との関わりは

信頼に値する。

と思ってくださっていたこと。

先生としての精一杯で接してくださっていらしたこと、

本当に有難いことです。

ただ伝わらなかっただけなのです。

スタート地点を変えてみて

先生はそう思ってくださっていた

次女は親しみやすい先生だけれど、、、以下省略。

と思っていた。

そんなちょっとしたズレから

ちょっとしたきっかけで

ちょっとした違和感を抱き。

ちょっとした

ことは

ズレたままのコミュニケーションの取り方で

ちょっとしたおおごと。

に、変化してしまうようです。


結末として、

先生は


何についてかは不明ですが、

次女に謝ってくださる。

そうです。

なぜ約束を破らず、学校の授業への支障を来していない二人に、このように執拗であったのか。その回答は謎なのですが、

今の話し合いは

昨年末の密室で先生2人と次女一人というシチュエーションで捻れたことなので、

今回、そこに纏わることはもう聞きません。

本当はこんなに難しい話ではないとは思っていますが、

先生も学校も

立場という所から一歩動けない辛さ。

という所もあるかとは思いますので

間に挟まれた

次女の担任の先生も、

件の先生も

さぞかし大変だったことでしょう。

ここまでお付き合いいただき

ありがとうございました。

ごめんね。

って言っちゃえば、先生、多分次女はサッパリと先生の言葉を許すと思うのですよ。

と、

昨年末から人ごとのようにそのように思っていたことが、

ようやくまとまり

次女も安心して眠れるかな。

そして

サラリーマンの営業として長らく頑張り抜いたお父ちゃんの

瞬間的に切り替わる

ハキハキした営業マン口調と

語彙力、説得力、集中力に、

感謝です。


くれぐれも

先生。

という職業を貶めたいのではないことを

どうぞ心に留めておいていただきたいと思います。

最近読んでくださる方も増えました。

しかしながら私の中では変わらず

我が家の日記ですので

そのまま家庭からみた外側を書いております。

先生からみた外側の景色は知る由もありません。

知る由もないことを

批判など出来るはずがありませんが、

私をどのような人としてみるのかは、

読んでくださる方の自由。

私の文章は先生の批判ばかり。

と思うなら

それも致し方ありません。

なぜなら、

あなたは生身の私を知らないですし

批判というより、こうだったらいいな。

こうしてもらいたいな。という提案を書いているつもりです。

書き手の私はプロではありません。

2時間近くかけてなんども書き直し、ようやく完成させております。

なるべく批判的な文章にならないようにこころがけたいからです。

しかし、

プロではありません。

耳障りの良い表現は難しいですので私の精一杯の中で耳障りよく心掛けてはおりますが、

申し訳ないですが、

足りないのは致し方ありません。

最近はさらに、

生身の私を知っていても、

ブログを読んで嫌いになったから会話しない。

という方もいらっしゃると思われますことを肌で感じております。

残念という気持ちは否めません。

嫌い。と言う方

嫌う前にお話をしにきてみませんか?

イヤ、そんな必要無い。

と言う方、

とてもとっても残念ですが、

どうぞ遠慮なく嫌ってください。

そして、

どなたの指示であろうとも、

どうぞ

ご安心ください。

ご自分の意思を尊重し

読みに来て下さらなくても大丈夫なのです😊




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です