春ならでは

ご近所さんが嬉しそうに、

「(隣の川に)鯉が登ってきている!ヒメマスも戻ってきてるよ!タマちゃんに教えてあげて!」

と、お知らせに来てくれました🐟

しかも結構な大物らしいです。

釣り好き長女の季節が巡ってきました🐟

学校から帰ると早速釣竿持って川に出て行きました🐟

夕飯のおかず!来るかな?

今日の日中はとても温かくて、心も軽やかになり、

学校を休んだ次女と沢山お話をしました。

この春、四月から中等部三年生。

気になるのは一年後の身の振り方ということもあって、

今後の進路の話がほとんど。

養護学校以外の世界をもう一度見てみたい。

養護学校以外の学校生活を、もう一度経験したい。

アルバイトもしてみたい。

働くところはどうしようかな。

養護学校出た人は働かせてもらえないのかな?

そうして、働いたら一人暮らしするの。

自治会の役員とかが無いところね。

。。。。。その調子その調子。

親がいなくては夜も昼も空けない。

というような依存は困る。

良しとする世界を見つけたら、

もともと備わっている生きる力を自分のやり方で思い切り発揮してみたらいい。

疲れたら帰って来ればいいんだ。

そして、しっかり休んだら

また自分の世界を生きておいでね。と、今日も思います。


お友達ができたら嬉しい。

徐々にその話の中から親の姿は薄くなり、

確実に巣立ちの時を迎えていることを感じます。

ありがとう。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です