烈くんのモヤモヤ

長男が好きな黄金の色。

稲穂の輝く色。

先程眠る前に、

長男烈くんから打ち明け話。

「お母ちゃん。最近ねえ…なんて言ったら良いのかなあ…

心の中というか身体の中と言うのか…

モヤモヤして、、、、

なんだか棘トゲしてチクチクして意地悪な気分になるんだよ。

それと同時にイライラもするんだ…僕はどうしちゃったんだと思う?」

そこで私は

長男に質問して偏頭痛、肩凝り寝不足又は足の重さなど無いか

体の変化を先に確認した。

無い。と言う返事。

オッケー👌

多分ね、

心と身体がもっと色々なことを体験したがっているんだよ。

今までと違う経験や人との関わりをして見たい合図なんだと思うよ。

ただ、単純なその思いを邪魔するものも、同時に僕の中に育っていてさ、

それは何かっていうと感情っていうやつね。

感情っていうのはね、

僕が単純 に純粋に何かを楽しみたい!とか、

やってみたい!

と言う気持ちになった時に邪魔するの。

例えば、今日川で釣りしたい。

と、思いついた。

でも、外が寒そうで嫌だな、準備面倒だな。

と言う声が心で聞こえるでしょ。アレが感情でね、

心で素直に単純に純粋に

例えば

これやってみたい、この人と遊びたい。

と思った時に、

その行動を邪魔しがちなの。

人と仲良くなりたいと思ったとするでしょ。

でも感情が声をあげるんだよ。

喧嘩になったら嫌だなとか、会話を考えるの面倒とかね。

その感情の声に押されて結局何の行動もできなかったら、

心の中では挑戦したいと思っているのに行動に移せないので

自分自身に対してイライラするんだと思うよ。

そうして、心が望んだ行動を起こせないイライラのはけ口として、

近くにいる人に意地悪を言いたくなるんだと思う。

モヤモヤと言うのは、

心も体も変化したくて成長したくてうずうずしている時なのに、

動けないから体内にも心にも熱が篭るんだよ。

こうしたい。と言う人の思いと言うのは熱、、つまり電気なんだけどさ、、、とにかく熱を発していると言う話したでしょ?

心は何かに夢中になりたくて熱を帯びているし、身体は純粋に成長したくてうずうずして熱を帯びているのだから

体内に篭って発散されなかった熱もあってモヤモヤが増すんだと思う。

どう言うことかというと、

僕の感情とは関係なく、

心も体も新しい体験を通して成長したがっていると言う合図なんだよ。

という説明をしました。

敏感でしょっちゅう泣いていたあの小さかった男の子が

間も無く親離れする為の準備に入ってきた様です。

長男に一編の詩を。

勇気とともに外に出よう

烈くん。

タゴールの詩

“朝になると、世界は光でできたその心を開け放った。

出ておいで、わたしの心よ、愛を込めてお迎えに”

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です