絵の描き方を教えないお絵描き教室

ひつじのこばこ。

というお絵描き教室を開いています。

まだ始めたばかり🌿

今日は最寄り地区公民館で。

好きなことをしていると、

単純に楽しい🌷

居場所がないと感じているお子さんの

居場所になればと思います。

描く前、色々な画材で遊ぶ時間を設けて、

好きなように線でも丸でもグルグルでも良いから自由に画材を使ってみて。

と言う提案に、

何を描けばいい?

と言う戸惑い。

そこで助っ人三女登場で、

紙と鉛筆一本で、

ガーーーーーーーッ!

と描き始めると、

瞬く間、

小さな子たちは思い思いに、おっかなびっくり描き出す。

やっぱりヘタだ!

と言いながら私の顔を見つめる目😊

これでいい???

と、その子の目が私に聞いている。

ここはね、上手い下手関係ない教室だから、

閃いた模様でも、動物でも描いていいよー。

自由に書いていいよー。

と伝えると

、恐る恐るその子が画用紙の中央に描いたのは、

小さいけれどカラフルな涙の雫を散りばめたような

打ち上げ花火だった🎆

この春で二年生になるのだけど、

自分の中にある

こうしたい。

を、曲げない。

小さなその子は意志を持って生きる人。

大人顔負け。

お子様二人➕ウチの子二人。

ひつじのこばこを開くきっかけになってくれた、

小さなお客様の許可が出たので、

あと2名の小さなお客様をお招きできそうです🌈

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です