困っている人

青空がとても嬉しくて

気持ちまでスッキリとして、として、

清々しい一日でした🌈

 

たいせつなことを

書き忘れていたような気がしていて

先ほどフッと思い出しました。

 

それは

 

日本人が最近大切にしていと思われる感覚の中に

 

空気を読む。

 

という感覚があります。

 

私は日本で生まれ育った日本人ですが、

 

小さな頃から

 

極端に空気を読めない

または、

それはそれは極端に空気を読んでしまう。

タイプでした。

 

また小学生のころは

集団では先生の言葉を最後まで聞いている事ができず

結局先生は何を指示したのか?

がわからないまま何かをしなければならない怖さに

困っていました。

クラスの子の行いを

見よう見まねでなんとかその場はやり遂げますが

なんとなくいつも上の空。

ボンヤリと空を見上げていたり、

静かに

ただじっと周りの出来事を観察しているので

沢山の会話をすることもなく

クラスで盛り上がる

テレビの話題や、

芸能人の話題にも興味がないため

話を聞いているだけ。

 

皆が幸せそうに楽しそうに話す内容の

一体どこが楽しいのか判らず、

同じ会話で楽しめないことにも困っていました。

 

なぜ、それらのことが楽しくないのか。

なぜ興味が無いのか。

と、問われることにも困っていました。

 

そんな私を揶揄うクラスの男の子たちにも

困っていました。

 

…私はいつも困っていました。

困っていた事が沢山で、

何が困っているのかも

誰にも説明が出来ませんでしたが

説明が出来ないことにも困っていました。

 

 

 

 

今であれば

このような子は

発達障がい

と言われるのでしょう

 

親になり

先生に子どもの困り感を

私が説明する機会が増えましたが、

子どもの困り感についての説明を繰り返ししているうちに

 

「先生を困らせる困った子の親」

 

という気持ちになってくる事が

度々ありました。

 

でも、そうではないのです。

 

 

発達障がいの子どもたちは

「困っている子」

であって

「困った子」

では無いのです。

 

 

この子たちは

自分自身の扱いに困っているのです。

 

誰かを困らせたい訳ではありません😊

 

 

ここのあたりを、

少しでも覚えていてくださると

嬉しく思います🌿

今夜の夜空は

「まるで海辺のリゾート地のような綺麗な空💖」

と、

熱の下がらぬ三女がウッドデッキまで這い出て

まで眺めたくなるような

優し気な月影でした。

 

 

皆様、明日も素敵な一日を🌿

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です