聞いていましたね

朝晩は随分空気がひんやりと

感じられるようになってきました。

 

秋の気配がとても心地よいです。

緩やかに季節が巡っていきます。

 

 

毎日夕方の30分は

子どもたちが自由にタブレットやスマートフォンで遊ぶ時間。

 

 

高校生の長女には

時間制限はありません。

動画を見続けている間

ゲームをやり続けている間

脳はどんな状態になっているのか。

 

私は脳のどこをもう少し使ってみたいか、

脳のその部位を使うには

なにをしたら一番使うことができるだろうか。

なんてことも

考えてみるのもたのしいよねぇ。

 

と、時には脳の絵を見ながら話してあり

これを見て

 

脳をどうしたいか自分で決めて

 

ゲームやパソコンを眺める時間を

自分で決めてくれー。

としました。

 

 

あまりにも

理屈っぽい伝え方だよね。

と思いますが、

長女の特徴として

 

映像と共に言葉が添えてあると、

判断する時に大きな助けになるようです。

 

 

今日

ゲームを30分やり終えた長男が

長女のパソコンを覗いて

二人でなにやら盛り上がっていました。

 

その様子を見た5番目娘が

 

突然泣き始め

泣きながら私の元にやってきました。

 

 

「あんなに長い時間ゲームしてると、

ねえねとにいにの頭が

働かなくなっちゃうよ〜(涙)

あーちゃんのねえねたちには

あーちゃんの知らないことを教えてくれる人でいて欲しいのに、

あんなにゲームしてたら

あーちゃんの知らないことを

教えてくれる人がいなくなっちゃうよー(涙)」

 

という訴え(汗)

 

 

いつもいつも

 

大きな子たちと私の会話を一緒に聞いていて、

 

ちょっと難しいけれど

こんな感じの話かな?

 

 

と、

小学二年生なりの聴く力で

理解しようとしてきた結果

 

この結末。

5番目娘は

 

自分なりの解釈をすることが

まだまだ得意です♡

 

上の子たちに伝えたあとは

下の子に伝わる言葉で

伝え直すことをしていなかったため

 

おおきな泣き声とともに暮れた

今日でした🌇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です