家庭教師

お空が凄いことになっているよー!

 

五番目娘が庭から声をかけてくれました。

オレンジ色の強い夕焼け雲。

 

家の中では

三女が次女に

中一の数学の基礎を教えていました。

 

どんな風に教えるのかな?

 

と遠巻きに眺めていました。

 

教科書、問題集、過去のプリントを持ち出し

 

丁寧に伝えています。

 

次女は来年

養護学校の高等部に進学せず

一般の高校に進学を希望しています。

 

勉強、間に合わなくても

やれるところまでやってみるよ。

 

ということで、

三女が家庭教師役を買って出てくれました。

 

自分の復習にもなるしね。

 

ということらしいのです。

 

三女から教えてもらい

問題を三女が作り、

三女も曖昧なところはiPhoneで調べ直したり。

 

今日教えてもらったところは

次女は自力で解けるようになりました。

養護学校での次女の勉強は

九九の掛け算をやっています。

漢字は三年生から四年生のもの。

 

理科、社会は何もしていません。

九九の掛け算を学んでいる人は

とりあえず

正負の計算は大丈夫そうです。

 

クヨクヨ悩んで心配している時間もないので

 

やれることは精一杯

とにかく、やってみましょう。

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です