のんびり、何もしない

月があまりにも光り輝き

ブラインド越しに射す光で

眠れません。

この土曜、日曜日は流星が多く見られること。

知ってしまうとワクワクして

夜空が気になります。

 

カーテンを開け

夜空を見上げたり、

寝転んでみたり。

美しい瞬間、その一瞬に出会いたくて

なんだか目が冴えています。

 

 

つい先日の青すぎる空の月夜。

この写真は加工していません。

青。

という色は

まさにこの色だ。

というくらいの夜の始まりの青。

 

 

わずか数分でこの青色に変わりました。

山の際にある小さな雲が可愛らしくて

気になります。

 

 

オリオンの下に見えるシリウス。

 

シリウスは子供の頃からとても好きな星。

シリウスの意味は…

焼きこがすもの

母性的・ 世話 奉仕 完成された精神のリアリスト 

などだそうです。

 

男性的なひんやりとした

氷のようなイメージを抱いていましたが

逆でした…

 

 

 

この写真は日中。

家にいても様々なことが起きては

遠ざかります。

出来事を通し

今教えて頂いているのば

正義と親切。

と言う名の

善意を振りかざす暴力というものがある。

ということ。

 

出来事の全てが

私。の在り方を問い続けます。

 

 

 

・二宮尊徳 「世の中に本当の真理はただ一つしかないが、その真理に近づく入り口はいくつもある。仏教、神道、あるいは仏教でも天台宗、浄土宗、浄土真宗、禅宗などいろいろあるが、これらはいずれも一つの真理へ到達するための道に付いている沢山の入口の名前に過ぎない」

 

二宮尊徳の言葉ですが、

宗教に限らず

生き方

考え方

仕事

人間関係

など

人の行い全てが

「真理へ到達するための道に付いているたくさんの入り口」

なのでしょう。

 

何もしない。

を、

いま選んでいる私がいますが

 

ご飯の美味しさをしみじみ深く味わう時間が出来たので

太り始めています。

じっくり味わう、

家庭のご飯がとても美味しく感じられて。

おやつを作る

子どもと過ごす

ご飯を作る

お掃除をする

など

一つ一つを

もう一度丁寧に行いたくて

何もしないことを

今は選びました。

子どもの話に耳を傾ける。

ということも

丁寧に。

丁寧に。

話を聴いてもらえた子どもの安心感は

計り知れず

今は子どもの話に耳を傾けることに

力を注ぎたいと思います。

 

私は器用な性質ではないので

あれもこれも同時にやることは出来ても

そこから丁寧さが欠けて行きます。

子どもの話に耳を傾けることも

丁寧に。が難しくなり

子どもの気持ちを置いてきぼりにしてしまいがち。

 

今は

とにかく

自身の中に余白を残し

子どもたちと日々を味わうように過ごしたいと

思います。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です