昇華する日

 

 

子どもはみな、
大きな可能性と潜在性とともに生まれてくる。
もし、彼が他人からなにも邪魔されずに
その個性を発達させることを許され、
助けられたなら、
私たちはたくさんの仏陀たち、
たくさんのキリストたち、
たくさんのソクラテスたちを手にするだろう。
途方もないような多種多様な天才たちが生まれるだろう。
Osho

 

 

可哀想

育て方悪い

非常識

ネグレクト

変な人

キモイ

etc…

 

これらの言葉は

子供や私に向けられたたくさんの言葉。

眼差しに込められた言葉。

 

とても悲しかったな

傷ついています。

今も多分、私は悲しんでいると思います。

 

遠くから湧き上がる腹立たしさ。

波風立たぬよう口を塞ぎます。

 

何事もなかったように

日々過ごして行きます。

 

我が家、

怒ったり泣いたり、

落ち込んだり、笑ったり

 

 

様々に感情を発露させてくれる子どもたちで

 

賑やか。

 

 

笑ってしまえばいい。

 

 

外からの言葉は通り過ぎて行きます。

 

やれることは精一杯やってみる。

 

我が家の精一杯は

どなたかには決して

精一杯には見えないかもしれない。

 

それでも我が家の精一杯で

どなたかのお気に召さない何かに対して

真摯に向き合います。

 

精一杯やってみて

それでもまだ

 

何か言葉があるとしたなら

 

それ以上はもう充分😌

 

それ以降は日光の猿になろうと思います。

 

いつもと変わらずにこにこと笑って

いま我が家にできる最善を行いながら

 

ここで生きる術を磨きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウサギのトラちゃんの体調不良を知っていた友人に

トラちゃんが亡くなったことを

伝えたとき

友達からのLINEに

ネロとパトラッシュが天に召されて行くシーンが

頭をよぎったよ。

という返事。

 

 

うんうん。

 

亡くなった日は雪が舞ったり曇ったり。

空けて翌日は快晴でした。

 

我が家を嫌う人たちとそれを知る私の消化不良気味な気持ちもきっと、

のちには昇華されていくことでしょう。

 

出来ることをコツコツと。

やれることをコツコツと。

いま成すべきことに集中していれば、

言葉はきっと風のように通り過ぎる。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です