足りないことば

書いても書いても

 

眠い時間や

細切れの隙間時間に

つらつらと書いていく言葉は

 

どうしても

 

ことば足らず。

 

そこにまた

いつかの日の日記として

 

書き足し一つの問いに対するわたしの答えの導きかたを

明らかにしていく。

 

海外ではアジア圏出身者に悲しく厳しい差別的な言葉を投げかける姿が増えたと言うニュース。

コロナウィルスの流行。

恐怖に駆られるなど追い込まれた時にこそ

人の本性が現れると言うけれど、まさに。

 

悲しくなってくる…

 

怖いね。きっと。

得体の知れないアジア人。

得体の知れないウィルス。

 

得体の知れないものとをくっつけて、

自分のなかにある優しさを押し除けて

恐怖や嫌悪感に大きく居場所を与えるんだな。

 

そしてその心の働きは

どんな人にも起こり得ることでもある。

 

思い出して。

もう一度、思い出してくれたらいいな。

自分の中にある

他者への愛を。

 

陰極まりて陽となる。

いまら

陰陽の陰を極めてる時なんだわね。

 

あとは

陽になるしかないと言う自然の仕組みが働いている。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です