安曇野さんぽみち②

田んぼの向こう側に見えるのが

わたしのお友だちのおうち。

カエルの声

セミの声

コオロギの声

 

雪のあとの雪をふむギュッギュッって言う音

傘に当たる雨の音

眩しい太陽の日

曇って頭が重たい日

あの子と一秒でも長く遊ぶために

走って走って早く走って

あの子のおうちに

あの子を呼びに行くの。

今日はね、

私たちの新しいヒミツ基地をつくるんだ。

 

あまね(四女)

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です