ものがたり

青い空。風が心地よい。

 

今から書くこのお話は誇大妄想の物語。

 

とある場所で、大きな誰かが…そうだなあ、大きなわたしが眠っている。

よく眠っている。

夢を見ているようで、

時々苦しそうに顔を歪めてみたり、苦々しく眉間にシワを寄せてみたり、

泣いて涙を流し

静かに沈み込む様な表情を浮かべてみたりたり、

笑ったり、怒ったり…。

様々な経験をしている夢を見ている、大きなわたし。

この世界はもしかすると誰かの夢の中なのかもしれないね。

誰かの夢の中でこの体験をしている。

夢を見ている大きなわたしは、夢の中で体験している出来事を

実体をもったわたしが今まさに体験中である。

そう思いながら眠りから覚めずにいる。

 

体を脱ぎ去る時に

三次元のこの体験こそが実は夢の中であったのだと

気がつくのだとしたら?

 

こここそがまさに夢の中で

今こそが夢の途中だとしたら

 

今、

どんな夢をみてみたい?

夢の中では何にでもなれるのだとしたら

どんな人を体験したい?

 

…という誇大妄想です。

 

 


 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です