空しかないような


 

風の音が時々優しく聞こえる。

 

遠くで馬のいななき。

 

綺麗に整備されている遊歩道にいるのは

娘とわたしだけ。

馬に見つからないように

 

タヌキかな

キツネかな

柵を縁取るように

トコトコ歩いてる。

信頼とはなんでしょうね。

だれかに信頼される人になる喜びと

 

自分自身を何よりも信頼できる歓びと。

 

天秤にはかけられない。

 

人からの信頼を得るためにバランス崩すようなら

 

自分自身を信頼し直すために

人との距離を空けてみるのは

 

なかなか悪くないものだとおもう。

 

こころに元気がないのに

人を思いやってみたり気遣ってみるのは

無理が生じて

 

関わる全ての人が苦しくなるのだと

 

産まれた家で教えてもらった。

一度思いきり好きなように

いきてみるのがいいかもね。

誰に褒められなくても認められなくてもいいから

自分の深い満足のために。

 

 

 

深い満足に満たされている人を

人は自然と

いつのまにかその在り方を認めていくのだろうなぁ。

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です