15歳 三女


三女15歳の誕生日。

お天気は嵐のような荒れ模様。

地上は嵐の様相…

でも大丈夫。

例えば

地球という惑星が

宇宙というお母さんの胎内だと考えてみる。

胎内の地球は嵐。その嵐の大波に

飲み込まれないよう果敢に舵をとって

バランスを保とうとしている小舟。

それが

三女であり、または私たち。

だとするなら

なにがあっても

大丈夫。

何があったとしても

ここは

慈愛に満ちた母の胎内なのだから

道々大変であったとしても

決して最悪な結末は迎えないのだと思う。

15歳

おめでとう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です